Pages

Visit Lyli Herse

昨年の夏、旅先で憧れの女性に逢えました「私が走れば、いつだって花束がもらえたのよ」そう語る彼女は、1950〜60年代にかけて8度(!)のフレンチ・チャンピオン(自転車ロードレース)に輝いたリリー・エルス


フレームビルダーだった父、ルネ・エルスの自転車を駆って勝利したというから、なんともロマンティック! そんなリリーは88歳になった今も、ホームトレーナーで年間7000km以上走るというから驚きです。走ることが暮らしの一部に、人生の一部になっているとはまさにこのこと。


自分たちの自転車でおじゃました私たちですが、せっかくなので友人のタンデムを借りてプラリ。1946年に作られたというルネ・エルスのタンデムは、半世紀以上も前に作られたとは思えない快適な乗り心地です。

かつてフランスでは 、”結婚のお祝いに 友人一同がカンパしてカップルに贈るギフト”としてタンデムに人気があった時代があったのをご存知ですか? 今ではバカンスの印象も強いフランス人ですが、国民の権利として2週間の有給休暇(いわゆるバカンス)を得たのは1936年のこと。それまで労働条件などあってないようなものだったフランス国民にとって、それは初めての夏休みでした。そのとき、彼らが選んだのがタンデム。クルマや汽車のチケットは買えなくても、タンデムがあれば大切な人と二人で旅に出ることができたのです。なんとも素敵な史実ですね。ちなみに、フランスでは1789年のフランス革命に次いで、重要な年と捉えられている1936年。労働改革や革命を解説する教科書では、いつだってタンデム・ライドの写真が使われているそうですよ。

そして、常に「走る」ための自転車を追求し続けていたルネ・エルス。やはりルネ・エルスの価値は走ってこそ発揮されるものなのでしょう。今日はショートコースを走っただけですが、いつかルネ・エルスで旅をしてみたいなぁ、そんなことを考えながらタンデム走行していると、最初は「乗らなくてもいいわ」と言っていたリリーも……


ヤンとタンデム! すごく楽しそう。そして、さすがのポジションです。カメラ目線もバッチリ! 私より走りが軽快なのは言うまでもありません。

実はこの日、チーム・ルネ・エルスで走った自転車仲間が集まりました。平均年齢はおそらく80歳以上。何が印象的だったかといえば、歴史的な栄光を語るだけではなく”最近の走り”について熱く語り合っていたこと。大病を煩っても、身体能力の衰えを感じることがあっても、それぞれのカタチで自転車のある暮らしを楽しんでいる。「最近ちょっと太ったんじゃないの?」「自転車に乗ってないからだろう!」なんて、冗談を飛ばし合っている。みなさん生涯現役を地でいかれていて、とても格好よかったです。


とてもチャーミングで笑顔がステキなリリー。帰り際には、庭で摘んだ花をブーケにしてプレゼントしてくれました。こんな風に年を重ねられたらいいな。そんな風に感じた、2016年・夏の思い出です。

Last summer, I met a lady of my dream. She told me: "When I rode, I often received a bouquet of flowers." She is Lyli Herse, who won the French championships (bicycle road race) 8 times.
Her father, René Herse, was a bicycle frame builder. She always rode her father's bikes. It is so romanic! Even though she is 88 years old, she still rides: This year, she has ridden more than 7000 km on her home trainer. What a surprise!
Her smile is very charming. When we leave her house, she gave us an bouquet she made from roses in her garden. When I grow up, I want to be like her!

No comments:

Post a Comment

copyright © . all rights reserved. designed by Color and Code

grid layout coding by helpblogger.com